ER34の車検に伴い「momo CORSE 350mm」ステアリングに変更

私のER34が、車検の時期を迎えました。

基本的には車検対応車としてチューニングしているのですが、ディーラーでの車検ですので、細かい事を言われる可能性があります。

ですので、不安要素は最初から取り除いておく、というスタンスです。

おそらくグレーな部分は、ステアリングの径と形状だと感じています。

道路運送車両法の保安基準では、以下のような記載があります。

<「かじ取装置」条項の抜粋>

・かじ取装置は、堅ろうで、安全な運行を確保できるものであること。

・かじ取装置は、運転手が定位置において容易に、かつ確実に操作できるものであること。

・かじ取装置は、かじ取時に車枠、フェンダー等自動車の他の部品と接触しないこと。

・かじ取ハンドルの回転角度とかじ取車輪のかじ取角度との関係は、左右について著しい相違がないこと。

・かじ取ハンドルの操だ力は、左右について著しい相違がないこと。

 

なんか、曖昧で分かりにくいですね。

一般的には、ホーンボタンにラッパマークが付いていて、極端に小径や異形でなく、容易に操作でき、メーターがきちんと確認できれば問題ないようです。

曖昧であるがゆえに、検査官の判断に委ねられるようです。

 

現在取り付けているステアリングは、「momo Drifting 33Φ」になります。

不安要素は、330mmのステアリング径と、85mmディープコーンであるので、ウインカーやワイパーに手が届きにくい点です。

momo DRIFTING

車検が通らないと面倒くさいので、車検時のみ以前に使用していた「momo CORSE 350mm」に変更しました。

momo CORSE 350mm

交換後に運転してみての感想

久しぶりにディープコーンでない350mmのステアリングで運転してみましたが、やはり違和感がありました。

ステアリングの径が異なる点と、ステアリングの前後位置が異なる点が、そう感じさせていると思います。

ステアリングは、日々使い慣れているものが一番だと感じました。

車検から車が戻ってきたら、すぐに元に戻したいと思います。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください