ER34のエアコンパネル液晶部分を「サイバーストーク(SYBER STORK)/超拡散マイクロLEDホワイト」に変更

私のER34のエアコンパネルには、サイバーストークの「超拡散マイクロLEDブルー」を取り付けておりました。

超拡散マイクロLED ブルー

実際には、上の写真よりもっと濃い青色なので、視力の良くない私には、少し液晶部分の表示が見にくいと感じておりました。

それに加えて、下の写真のように、液晶部分のLEDの点灯が不安定(点灯したりしなかったり)になっていました。

超拡散マイクロLED ブルー

原因としては、2つ考えられます。

(1)長期使用による劣化のため

(2)LEDの適合の不一致によるもの

ER34のエアコンパネルは、「M型」サイズのLEDを6個使用しますが、液晶部分の3個については、5V対応の「M型」になります。

以前に取り付けたブルーのLEDは、液晶部分が5V対応の「M型」では無かったような気がします。

ですので、今回液晶部分を5V対応の「M型」に変更することにしました。

どうせなら、違う色を試してみたいと思い、視認性がよさそうな「ホワイト」を選択しました。

超拡散マイクロLED ホワイト

購入はいつものヤフーショッピングです。

Yahoo!ショッピングで購入ならコチラ

超拡散マイクロLEDのホワイトに変更しての感想

まず、期待通りに視認性は向上しました。

黒色の数字にバックがホワイトだと、はっきりと数字を確認することができます。

超拡散マイクロLED ホワイト

ただし、夜の運転では、液晶のホワイトが明る過ぎる感じがあります。

また、周りが濃い色が基調のため、液晶部分だけが浮いている気がします。

超拡散マイクロLED ホワイト

ただ、「ホワイト」を選択した本当の理由は、液晶反転加工を実施しようという考えがあったためです。

もう少し「ホワイト」色を堪能した後、反転加工に挑戦します。

その際は、また記事にしたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください