ER34のリアハブロックナットの緩み対策

先日、ER34のリアのハブベアリングを交換してもらいましたが、再び右側リアにガタが出るようになりました。

ハブベアリングにガタが出ているのかと思いましたが、リアのハブロックナットを回してみると、手で回るぐらい緩んでいました。

このナットの緩みが原因で、ガタが出ていたようで、増し締めするとガタは無くなりました。

ちなみにハブロックナット(センターナット)とは、下の写真の赤丸のナットになります。

リアハブロックナット

ER34のハブロックナットのサイズは、M32になります。

M32サイズのソケットを用意しましたが、特殊なサイズなので、結構イイ値段がします。

Amazonで購入ならコチラ

走行後に増し締めをしても、すぐに緩んできた為、何らかの対策が必要だと思い、いつもお世話になっているディーラーに相談し、下記の対策を実施していただきました。

今回のハブロックナットの緩み対策

(1)ノルトロックワッシャーの取り付け

ノルトロックワッシャーとは、2枚組のワッシャーで張力を利用したセルフロックするというもののようです。

興味のある方はネットで検索していただきたいと思います。

(2)ハブロックナットを新品に交換

それまではハブロックナットを再使用していましたが、今回は新品に交換しました。

色々と調べていると、再使用は緩みやすいとの情報もありました。

(3)ハブロックナットのカバーを取り付け

今回取り付けたハブロックナットのカバーは、T32エクストレイルの純正パーツを流用しています。

これを取り付けることにより、割りピンがカバーにしっかり固定されているので、ピンがしっかり機能していると思います。

ER34 リアハブロックナット

逆に言うと、なぜER34は純正でこのカバーが付いていないのかが不思議です。

対策後の感想

ここまで対策していると、さすがに安心感があります。

また、ハブロックナット周りがキレイになって見た目にもイイ感じです。

ER34 リアハブロックナット

ホイールを付けるとあまり目立ちませんが、カバーが付いているのは分かります。

ER34 リアハブロックナット

今後、緩み対策に問題がないか、経過を見ていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください